日々の出来事、考えたことなど、つらつらと。 mixiも同時進行中につき、マイミクに加えてくれる方、ご連絡お待ちしてます。
くぼぶろぐ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
残念。
2006-07-29-Sat  CATEGORY: Music
川崎のミューザかわさきまで、佐渡裕+東京都交響楽団のコンサートを聴きに行ってきました。
曲目は、
 ・ハイドン:交響曲第48番 ハ長調 『マリア・テレジア』
 ・ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』
の2曲。これだけだったので、一時間ちょっとの演奏会でした。本当は1時開始のマエストロの解説付き公開リハ(!)が見学できたんですが、ちょっとそんな元気はありませんでした…。

どちらも佐渡さんの十八番ってことなので楽しみだったんですが…疲れが溜まっていたのか、昼ごろ起きた瞬間「あーねむてー、行きたくねー」って感じでして。のんびり電車に乗ってる間もずーっと偏頭痛がしてる感じで、体調ははっきり言ってよろしくなかったです。

そんなわけで、久々の佐渡さん(っつーか客席で佐渡さんの指揮観るの初めてだな)にも関わらず、印象はあまり良くないものになってしまいました。古典派の音楽を聴くのは本当に久しぶりだったので、ハイドンのシンフォニーはけっこう新鮮だったりしたんですが、『春の祭典』はちょっと…佐渡さんらしい大音量で聴かせてもらえたんですがね。もともといわゆる近代~現代音楽の辺りは苦手だったのもあるかも知れないけど、音楽にしろ舞台にしろ映画にしろ(トイレには要注意)、客席にいる側でも体調は大事だなぁと改めて勉強になりました。

そういえばハイドンの48番で、ある楽器(名前は書きませんが)が音外してたような…?うーん、二回くらい首かしげちゃいました。


ところで今回のコンサートは、川崎市でやっている「フェスタ サマーミューザ」という音楽祭(今年で2回目らしい)の中の1プログラムでした。川崎は初めて降りたんですけど、ミューザ川崎っていうホールは駅から徒歩一分くらいに立派なホールがあってとてもびっくりしました。歩道もきちんと整備されていて、屋根が付いてるから雨が降っても困らないし、ホールはとっても綺麗だし(しかし、ああいう変わった造りは流行ってるんでしょうか?東京芸術劇場然り。どの客席でも均一に音が届くようになってるんだろうけど、不思議なからくりですね)。入り口では100ページ以上ある立派なプログラム(全演目がきちんとした解説付きで載っている)をくれるし、無料のものも含めた他の演目もとても魅力的だし。お金をかけてきちんとしたものをやっているなぁ、という印象でした。うちの地元も毎年春に音楽祭はやってるけど、やっぱり地方は色々難しいのかなぁ。本格的な音楽祭はやっぱり凄いね!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
トラックバッククラッシックの世界 2007-09-29-Sat 17:03
東京都交響楽団東京都交響楽団(とうきょうとこうきょうがくだん、Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)は、1964年の東京オリンピックの記念文化事業として、東京都が65年に財団法人として設立する。通称都響。似た名前であるが、東京交響楽団とは別組織である。歴代音楽  [続きを読む]
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 くぼぶろぐ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。